今年、7月23日(土)から25日(月)まで、2泊3日の日程で青少年健全育成高島平地区委員会による青健キャンプ「令和4年度 青健高島平地区 茨城キャンプ」が実施される予定でした。

しかし7月に入り新型コロナウイルス感染症陽性者が著しく増加したことを受け、7月15日夜、「茨城キャンプ」を中止する旨、ジュニアリーダー・青少年委員に連絡がありました。

参加を予定していたジュニアリーダーは、キャンプに参加してくれる皆さんに「たくさんのレクリエーションや自然体験学習を楽しんでもらいたい」、「楽しいキャンプファイヤーを経験してもらいたい」という強い思いで準備を進めていました。

しかしながら、直近の感染拡大状況をみると中止という判断も致し方ありません。参加してくれるみんなの健康が、みんなが感染しないことが、一番大事です。

3年ぶりの「青健キャンプ」、みんなの笑顔を楽しみにして準備を進めていました。

7月10日に実施した第2回キャンプ準備会ではレクや体験学習、キャンプファイヤーの細かい内容を確認し、イメージを膨らませ、準備を行いました。

7月12日に開催されたキャンプ参加者(児童)とその保護者向けの説明会にジュニアリーダーメンバーも参加し、キャンプを楽しみにしている皆さんの顔を見て、更に気持ちを奮い立たせていました。

「茨城キャンプ」の中止は非常に残念ですが、これまでの準備は決して無駄にはしません。

準備・練習は必ず力になります。次の機会、キャンプ以外でも皆さんとレクリエーションするときにはよりパワーアップしたジュニアリーダーの姿をお見せできると思っています。

今回は「キャンプ準備会」並びに「茨城キャンプ」中止の報告、そして、ジュニアリーダーみんなの活動にかける意気込みの報告でした。